私の子供は何を食べるべきですか?

お子様の歯が強くて虫歯になりにくい性質を確実に育むためには、バランスの取れた食事が非常に重要です。 これには、さまざまな必須ビタミンとミネラル、特にカルシウム、リン、および適切な
レベルのフッ化物が含まれている必要があります。

しかし、お子様の歯を虫歯から守りたいのであれば、頻繁な間食は重大な敵となる可能性があることを認識することが不可欠です。 お菓子、クッキー、ソフトドリンク、ドライフルーツ、
プレッツェル、ポテトチップスなど、砂糖やでんぷんを多く含む食品やスナックは、歯垢と結合して有害な酸を生成し、歯のエナメル質を攻撃し、虫歯を引き起こす可能性があります。

これらの酸は、一口の大きさに関係なく、食事やおやつを食べた後、最大 20 分間歯に影響を与え続ける可能性があります。 したがって、歯垢の攻撃を防ぐための最良の方法は、食事の間の間食を
制限することです。

事故が起こる可能性があります…

お子様の永久歯が損傷したり折れたりするのを見るのは悲痛なことかもしれないが、お子様が事故に遭った場合、私たちは簡単に再装着することができます。 より広範な損傷がある場合、           当クリニックではお子様の歯を修復し、一生使い続けることができる手段を用意しています。

お子様が事故に遭われた場合には、当クリニックまでご連絡の上、検査の予約をお願いいたします。 患者様のお口の健康が安定して安心できる目的とします。
今日すぐ問い合わせ

お子様が十代に入ると、通常はより自己認識が高まり、自立し、自分の食事をコントロールすることができます。 しかし、この新たに得た自由は、特に 11 ~ 13 歳の間で間食や甘い飲み物の摂取の増加及び虫歯につながる可能性があります。

大人への移行期にあなたとお子様の両方をサポートするために、私たちは砂糖の頻繁な摂取が口腔 および全身の健康に与える悪影響について教育することを目指しています。 この知識を彼らに与えることで、彼らは自分の歯のケアと全体的な健康をコントロールすることができます。

私たちは、十代の若者の中には、特にからかわれた経験がある場合や笑顔を拒否した経験がある
場合、自分の外見について特に自意識過剰になる可能性があることを理解しています。
そのような場合、当院では天然歯に余計なダメージを与えずに見た目を良くする保存的歯科治療を
心がけております。

医療提供者として、私たちは歯列の保護を最優先にしながら、この価値のある患者グループに
可能な限り最高のケアを提供するよう努めています。