歯医者に行くときに子供の心をつかむ6つの方法

あなたのお子さんは歯医者に行くのを怖がっていますか?

私たちは、すべての親がお子様の歯の健康に気を配っており、歯医者に行くたびに泣かせたくないと考えています。 お子様が歯医者に通いやすくなるような、いくつかの良い提案をさせていただきます。

  1. お子様が幼いうちに歯科医院を見つけてください。
    幼い頃から歯医者に通わせることは、子供にとって慣れ親しむのに役立ちますし、親はそれが日常の活動であるかのように行動する必要があります。 保護者は、お子様が 1 歳になるか、最初の歯が生えてきたら歯医者に連れて行ってください。
  2. お子様の準備を整えます。
    歯医者に行く前に、親は歯ブラシだけを使って、あたかも患者の相手をする医師(子供が患者)になったかのような役割を演じることができます。 それぞれの子供の歯を数えるふりをしたり、鏡を見て歯医者に歯の検査で何をするかを伝えたり、人形で歯を磨く遊びをさせたりすることができます。
  3. 言葉には気をつけてください。
    「痛み」、「痛み」、「抜歯」、「注射」という言葉を子供に使わないでください。 歯科医や小児専門家は状況に対処する方法を知っているので、子供たち自身に話してもらいましょう。 親が歯医者に行く前に子供に何か言いたい場合は、「お医者さんがあなたの笑顔をチェックしますよ」、「歯が何本あるか数えますよ」、そして「歯をきれいにしましょう」などの前向きな言葉をかけてください。 強い歯」と「健康な歯」。
  4. 子供も歯医者に連れて行かないでください。
    親の中には、子供を歯医者の予約に連れて行って、歯医者に行くことがどのようなものか見てもらいたいと考えている人もいるかもしれません。 大人を治療する歯科医と子供を治療する歯科医は異なるため、これは間違った考えです。 SmileBox Clinic には、お子様の治療に精通した専属の歯科医師がいます。 したがって、お子様のためには、小児専門の歯科医師(小児歯科)に診ていただく方が良いでしょう。
  5. 賄賂を贈らないでください。
    多くの専門家は、「良い子で泣かない子ならご褒美をあげますよ」などと言って子供に歯医者に賄賂を渡さないようにと親に忠告するが、これは子供たちに「本当に歯医者に行くのか」と思わせることになる。 特にご褒美としてキャンディーを与えるのは、どの歯科医も子供たちに歯の健康のために甘いものを食べるのを控えるように言うからです。 良い子になったご褒美として、お菓子の代わりにシールやおもちゃを親にプレゼントすることをおすすめします。
  6. 健康な歯を維持する方法を子供に教えてください。
    定期的に子供たちに、歯科医の診察は必要なものであり、オプションではないことを伝えてください。 そして、歯科医は彼らの歯を、食べ物を噛むのに十分な強さになるように世話してくれるでしょう。 歯医者に行くと笑顔がもっと明るくなるよ、といつも子供たちに伝えてください。

小児歯科対応の歯科医院をお探しの保護者の方は、ぜひスマイルボックスデンタルクリニックへお越しください。

小児歯科(小児歯科)に関するご相談、ご予約をご希望の場合は、以下のフォームにご記入いただければ、スタッフより折り返しご連絡させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です